武田 行生教授がIFIT2020 Bronze Best Application Paper Award を受賞

9月9日~9月10日の間、オンラインで開催されたThird International Conference of IFToMM ITALY (IFIT2020)にて、当研究室の武田 行生教授が昨年度当研究室に留学に来ていたAndrea君との共著論文である「A New Rehabilitation Device for Finger Extension Movement」というタイトルで発表を行い、Bronze Best Application Paper Award を受賞しました。

Takeda won the bronze in IFIT2020

テクノフロンティア2019に出展します!

私たち武田・菅原・松浦研究室は,来る4月17日(水)~19日(金)に幕張メッセで開催される展示会「テクノフロンティア2019」に出展いたします.
当研究室は構成展示会の一つ「モーションエンジニアリング展」の中でブースを構え,最新の研究成果を展示します.
当研究室で開発されたロボット・機械を多数紹介・デモを行いますので,ぜひお越しください!
日時:4月17日(水),18日(木),19日(金) いずれも10:00から17:00まで
場所:幕張メッセ 展示ホール6-4A-18

tf2019map.png

詳細情報は以下のリンクをご覧ください:
TECHNO-FRONTIER2019

東工大ホームページで松葉杖形歩行支援機械が紹介されました.

東京工業大学ホームページの「社会連携TOPICS」コーナーで,松葉杖形歩行支援機械が紹介されています.しばらくはトップページにもバナーが掲載されていますので,ご覧下さい.


titechweb_wamc_animation.gif
(東工大ホームページのスクリーンショット)

titechweb_wamc.jpg
(掲載された記事のスクリーンショット)

おおた工業フェアにて研究成果を出展します

2月13日(木)~15日(土)の期間中,大田区産業プラザ(PiO)にて開催中の「第18回 おおた工業フェア」にて,当研究室の成果物である「松葉杖形歩行支援機械」を展示しています.
                               ohta_industrial_expo_140214_01.jpg

松葉杖形歩行支援機械が英国BBCの番組で紹介されました.

武田研究室で開発中の福祉機器「松葉杖形歩行支援機械」が,英国BBCのweb番組「Wold News “Click”」で紹介されました.

BBCのClick番組サイト: http://www.bbc.co.uk/programmes/p01lmqpv
東工大ニュースでの告知: http://www.titech.ac.jp/news/2013/024425.html