2010年度 日本設計工学会 武藤栄次賞優秀設計賞の受賞について

当研究室の武田准教授を含むグループ(吉田祥基・一柳健・廣瀬和也・武田行生:敬称略)が,「2重球面ジョイントを有するパラレルメカニズムを用いた真空環境に対応した高精密ステージ」の研究に関して表記の賞を受賞しました.

2010年度 日本設計工学会 武藤栄次賞優秀設計賞の受賞について

当研究室の武田教授を含むグループ(吉田祥基・一柳健・廣瀬和也・武田行生:敬称略)が,「2重球面ジョイントを有するパラレルメカニズムを用いた真空環境に対応した高精密ステージ」の研究に関して表記の賞を受賞しました.